2016年12月31日

公認 不動産コンサルティングマスター試験の過去問について






公認 不動産コンサルティングマスター試験の過去問について

過去問の勉強の仕方についてお話したいと思います。

正直問題のレベルとしては、宅建ほど意地悪ではありませんが、
知識をしっかりと身につけていないと正直難しいです。
結構専門的な言葉が出てくるので、テキストを一通り勉強し、
過去問に出てくるところは重点的に覚えるという方が
とにかく範囲が広いので効果的だと思います。

人によっては、この試験については
あまり過去問は意味がないという方もいますが、
私は、事業、金融、建築、実務については
同じような問題が出ていますし、
その他の経済、税制、法律についても
傾向を知る上では必ず一回はしたいところです。

過去問題集はこちら

ということで
不動産コンサルの受験科目は、

事業・経済・金融
建築・税制・法律
実務の7科目。

範囲が広いのですべて何回も繰り返しやるのは大変です。

なので、時事ネタ的な部分が多い経済、税制、法律は
サーっとやり、テキストを中心に勉強した方が良いと思います。

過去問は、事業、金融、建築、実務について
重点的にやると良いでしょう。

細かい勉強方法については後々お話していきたいと思います。

それと取り敢えず過去問を体験し、
どんなレベルか確認したいのであれば、
不動産コンサルティング技能試験の公式ベージで
見れますので一度やってみてください。
http://www.retpc.jp/consul-exam/pastexam.html

同じページにあるStep to コンサルでは、
無料登録するとフォローアッププログラムということで
段階別に問題を提供してくれます。
これは解説もついているので結構役に立ちます。
https://www.retpc.jp/fup/users/logout/

・不動産コンサルティング試験
対策するならまずはこれ!


book28_01

不動産コンサルティング
技能試験テキスト


平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


平成29年度版不動産コンサル
過去問題集
公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ
 
 


posted by ぐっさん at 17:16| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認 不動産コンサルティングマスター試験の勉強時間






公認 不動産コンサルティングマスター試験の勉強時間について

不動産コンサルティングマスターは、
受験資格が設定されており、
宅建、一級建築士、不動産鑑定士の資格がないと
受けることが出来ず、合格率に比べると
内容はそこそこ難しい内容となっています。

勉強については、
テキストと過去問を中心に
するというのは他の難関資格と
基本的には変わりません。

テキストはこちら

過去問題集はこちら

私は、5月くらいから始まった全日の無料講習
に合わせて勉強を始めました。
受験料、受講にまつわる講習、テキスト代等まともに受けると
10万くらいになるので何とか節約したいと
無料講習以外は独学です。

なので、無料講習が一回3時間程度×12回
(実際は半分くらいしか行けてません)
週一回図書館で3時間程度と
粋帰りの電車で一日1時間程度
を約6か月ちょっと続けました。

なので、

無料講習36時間、
6か月×月4回×3時間=72時間
6か月×月20日×1時間=120時間

ということで226時間−50時間くらいなので
176時間くらいかな?

宅建は500時間くらいと言われているので
200時間やれば間違いなく通るかなと思います。

後は、基礎教育や講習をうまく活用すれば、
100時間程度で十分通りそうな気がしそうです。

【基礎教育、口座等について】

免除はないのですが、
不動産コンサルティング・基礎教育コース
詳細はこちらから
は自信がないなら受けといた方が良いかなと
思います。

ちなみに私は費用がきついので受けてません。
何と3日間あって一回15000円です。
全部受けたら45000円。

私は後輩から資料を一式もらったのですが、
平成28年試験については、
ここでもらった資料のアンダーラインから
結構出てました。

私は、大阪でしたので全日の不動産コンサル無料講座を
行ける時に行くというスタイルでした。

平成28年については、基礎教育コースを
講師の人たちが受けてきてくれて、
資料とアンダーラインの部分について解説してくれ
かなり参考になりました。
無料でしたがこれで十分かなという感じです。

所属している全日本不動産協会、宅地建物取引業協会などで
毎年開催されていると思いますのでHPご確認ください。

その他、不動産コンサルティング入門研修インターネット通信講座
というのがあり、受講料25,500円(税込・テキスト代含む)
+スクリーニング6000円というのがあります


・不動産コンサルティング試験
対策するならまずはこれ!


book28_01

不動産コンサルティング
技能試験テキスト


平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


平成29年度版不動産コンサル
過去問題集


公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ
 
 


posted by ぐっさん at 16:26| Comment(0) | 勉強時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

公認 不動産コンサルティングマスター試験 受験者数推移






受験資格も厳しく、多分受験料も高いので
受験人数は少なめです。

公認 不動産コンサルティングマスター試験 受験者・合格率の数推移
(出展;ウィキペディア)
実施年度申込者数受験者数合格者数合格率合格点
1993年(平成5年)16,697人15,828人14,605人92.3%
1994年(平成6年)6,109人4,976人2,590人52.0%
1995年(平成7年)3,246人2,490人1,362人54.7%
1996年(平成8年)2,243人1,659人835人50.3%
1997年(平成9年)2,018人1,591人993人62.4%
1998年(平成10年)2,493人2,037人976人47.9%
1999年(平成11年)2,083人1,663人967人58.1%
2000年(平成12年)1,853人1,435人1,029人71.7%
2001年(平成13年)2,407人1,921人1,061人55.2%
2002年(平成14年)1,498人1,198人746人62.3%
2003年(平成15年)1,931人1,644人1,162人70.7%
2004年(平成16年)1,731人1,483人998人67.3%
2005年(平成17年)1,877人1,592人854人53.6%
2006年(平成18年)2,047人1,718人882人51.3%120点
2007年(平成19年)1,994人1,657人856人51.7%105点
2008年(平成20年)1,841人1,537人938人61.0%125点
2009年(平成21年)1,701人1,435人777人54.1%120点
2010年(平成22年)1,512人1,300人768人59.1%115点
2011年(平成23年)1,312人1,118人600人53.7%115点
2012年(平成24年)1,414人1,186人745人62.8%120点
2013年(平成25年)1,505人1,272人874人68.7%120点
2014年(平成26年)1,575人1,313人607人46.2%105点
2015年(平成27年)1,601人1,320人654人49.5%115点


1993年の取りあえず増やせの時に申込が16000人超、
翌年6000人超、ここ最近は1500人前後で推移してます。

合格率は近年50%前後となっており、115点〜120点が合格ライン
となっております。

平成28年は感触的には簡単だったと思うので
120点強くらいが合格点かもしれませんね。


・不動産コンサルティング試験
対策するならまずはこれ!


book28_01

不動産コンサルティング
技能試験テキスト


平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


平成29年度版不動産コンサル
過去問題集

公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

 
 


posted by ぐっさん at 13:21| Comment(0) | 受験者数、合格率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする