2016年12月31日

公認 不動産コンサルティングマスター試験の勉強時間






公認 不動産コンサルティングマスター試験の勉強時間について

不動産コンサルティングマスターは、
受験資格が設定されており、
宅建、一級建築士、不動産鑑定士の資格がないと
受けることが出来ず、合格率に比べると
内容はそこそこ難しい内容となっています。

勉強については、
テキストと過去問を中心に
するというのは他の難関資格と
基本的には変わりません。

テキストはこちら

過去問題集はこちら

私は、5月くらいから始まった全日の無料講習
に合わせて勉強を始めました。
受験料、受講にまつわる講習、テキスト代等まともに受けると
10万くらいになるので何とか節約したいと
無料講習以外は独学です。

なので、無料講習が一回3時間程度×12回
(実際は半分くらいしか行けてません)
週一回図書館で3時間程度と
粋帰りの電車で一日1時間程度
を約6か月ちょっと続けました。

なので、

無料講習36時間、
6か月×月4回×3時間=72時間
6か月×月20日×1時間=120時間

ということで226時間-50時間くらいなので
176時間くらいかな?

宅建は500時間くらいと言われているので
200時間やれば間違いなく通るかなと思います。

後は、基礎教育や講習をうまく活用すれば、
100時間程度で十分通りそうな気がしそうです。

【基礎教育、口座等について】

免除はないのですが、
不動産コンサルティング・基礎教育コース
詳細はこちらから
は自信がないなら受けといた方が良いかなと
思います。

ちなみに私は費用がきついので受けてません。
何と3日間あって一回15000円です。
全部受けたら45000円。

私は後輩から資料を一式もらったのですが、
平成28年試験については、
ここでもらった資料のアンダーラインから
結構出てました。

私は、大阪でしたので全日の不動産コンサル無料講座を
行ける時に行くというスタイルでした。

平成28年については、基礎教育コースを
講師の人たちが受けてきてくれて、
資料とアンダーラインの部分について解説してくれ
かなり参考になりました。
無料でしたがこれで十分かなという感じです。

所属している全日本不動産協会、宅地建物取引業協会などで
毎年開催されていると思いますのでHPご確認ください。

その他、不動産コンサルティング入門研修インターネット通信講座
というのがあり、受講料25,500円(税込・テキスト代含む)
+スクリーニング6000円というのがあります


・不動産コンサルティング試験
対策するならまずはこれ!


book28_01

不動産コンサルティング
技能試験テキスト


平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


平成29年度版不動産コンサル
過去問題集


公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ
 
 


posted by ぐっさん at 16:26| Comment(0) | 勉強時間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください