2017年01月27日

公認 不動産コンサルティングマスター試験【科目別勉強法】私法編(択一式問題)






平成29年度版過去問を買うなら

私法編(択一式問題)

民法をはじめとする私法を学習する単元です。
択一試験の第43問〜第50問で出ています。

ここは、かなり範囲が広いので、
頻出しそうな部分を抑えつつ、
テキストを一通り読む必要はあります。
宅建を受けた年に受けると重なる部分も多いので
楽だと思いますが、ちょっと間が空いていると
又覚えなおす必要があります。
私法と借地借家法などの特別法との違いを
知っておくことは不動産コンサルには重要な部分です。

第一章 成年後見制度

第二章 代理

第三章 占有権

第四章 所有権

第五章 共有

第六章 抵当権

第七章 その他の物件

第八章 各種の契約行為

第九章 借地借家

第十章 不法行為

第十一章 相続・遺言

第十二章 消費者契約法

第十三章 区分所有建物

第十四章 不動産登記法

第十五章 会社法

ポイント
ここはそんなに難しい問題は出ませんが、
幅広い知識が必要になります。
私は、この単元は全問正解!でした。

・平成28年も出ましたが、成年後見人制度は
民事信託との比較で注目されていますので
必ず勉強しておきたいところです。

・相続(平成27年)と遺言/遺産分割(ほぼ毎年)と抵当権(平成27年)
も頻出しています。

・取り敢えず、テキストを2〜3回流し読みしておきたいですね。


(択一式試験編)

事業・実務編 税制編 建築・公法編 私法編 経済・金融編

(記述式試験編)

記述式試験の対策はどうすればいい?

実務編 事業編 経済編 選択科目 金融・税制・建築・法律編


公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

平成29年度過去問題集
 

平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


 




posted by ぐっさん at 20:00| Comment(0) | 科目別勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: