2017年01月29日

公認 不動産コンサルティングマスター試験【科目別勉強法】実務編(記述式)






平成29年度版過去問を買うなら

実務編

ここは2問出ますのでしっかり勉強しておきたいところ。
ただ、年度によってはかなり難しい問題が出ます。
が、全部解けないというほどの問題は出ません。
勉強しておけば6割は取れると思いますので
取りこぼししないようにしてください。

平成25年から28年の4年間の出題傾向を探っていきます。

平成25年
①等価交換事業
②投資分析

平成26年
①貸宅地の整理
②投資分析

平成27年
①所有地の有効活用
②投資分析

平成28年
①投資分析
②信託財産

投資分析については必ず1問出ていますので
重点的に勉強しておきたいところです。
昨今不動産投資の収益を考える上で
収益還元という考え方が重要になっており、
コンサルする上で外せないということで
毎年出題されています。

もう一問は色々なパターンで出ていますので
余裕があればもう少し古い過去問もやっておくと
良いと思います。
過去問と同じパターンのものが出れば、
後は数字の入れ替えで解けます。

平成28年は新しいパターン信託財産について出ました。
これは基礎教育で結構重要ということで取り上げられていた
ということで、私はちょっと勉強してましたので
何とか加点出来ました。

基礎教育を受けない場合は、
受けた人に資料をもらうなどして
何とか情報を入手したいところです。


(択一式試験編)

事業・実務編 税制編 建築・公法編 私法編 経済・金融編

(記述式試験編)

記述式試験の対策はどうすればいい?

実務編 事業編 経済編 選択科目 金融・税制・建築・法律編


公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

平成29年度過去問題集
 

平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


 




posted by ぐっさん at 23:14| Comment(0) | 科目別勉強法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください