2017年02月08日

平成29年公認 不動産コンサルティングマスター(不動産コンサルティング技能)試験【試験対策トピックス】民事信託その4 信託の監視機能


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


平成29年度版過去問を買うなら

民事信託の信託の監視機能

ここが意外に民事信託のキモとなってくる部分ですね。
受託者が暴走しないように監視する人たちが登場します。


1.信託管理人
受益者がいない場合に、信託管理人を定めて
受益者の権利を行使できます。
※受益者の権利:収益を受け取る権利、受託者の解任、選任など

2.信託監督人
受益者がいるときには信託監督人を定めることができます。
仮に、委託者 父、受託者 兄 
委託者=受益者の両方の地位を持つ自益信託の場合、
受託者に弟がいるとすると相続人でもある弟は
信託の行く末が心配なので信託監督人として
兄の運用等について意見する立場として信託監督人になる
というケースが考えられます。

3.受益者代理人
受益者代理人は、受益者保護の為に受益者の権利の一切を
裁判上、裁判外の行為をする権限を持つ。
ただし、信託行為に別段の定めがある場合は別です。
受益者が高齢者や障がい者、幼い子供の場合など
受益者の権利保護の為に受益者代理人を設定するケースがあります。

1~3の人たちを設定することでで
受託者が適正な運営を行うように持っていく訳です。


民事信託その5 信託報酬、信託の終了等


公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

平成29年度過去問題集
 

平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


 




posted by ぐっさん at 12:30| Comment(0) | 試験問題トピックス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください