2017年02月11日

平成29年公認 不動産コンサルティングマスター(不動産コンサルティング技能)試験【試験対策トピックス】空室とリバースモーゲージ






平成29年度版過去問を買うなら

空室とリバースモーゲージ


不動産コンサルティングマスター試験でも
選択問題の選択肢のひとつとして出題される
このリバースモゲージですが、私も勉強するまで
正直しりませんでした。
が、先日毎日新聞でも取り上げられていたので
ご紹介いたします。

1.リバースモーゲージ制度
リバースモーゲージ制度とは、持ち家高齢者に対し、
その家に住み続けることと、同居人がいないことを要件として
生活資金を融資し、死後に持ち家を売却して一括返済
してもらう仕組みです。

2.リバースモーゲージ制度のリスク
持ち家の独居老人の生活費を自宅を担保に借りるこの制度。
まあ、使える人は最後家を取られて何も残らないが借金も残らない。
でも使えない人は・・・生活保護しかない?私も将来が怖いです。

ということで良さそうな制度ですがリスクもあります。

3つのリスク
・担保となる土地の下落リスク
・金利の上昇により融資額が減らされるリスク
・利用者が予定以上に長生きするリスク
(長生きによる認知症のリスク)

3.リバースモーゲージ制度の現在
2011 年にはリバース・モーゲージを取り扱って
いるのは7機関だったが、
にすぎなかったが、2016年4月現在では46機関、6.5倍に増加している。 

ようやく取扱金融機関も増え、現在は利用者が少ないが
今後は普及が期待されている。

4.リバースモーゲージ制度の問題点
上記で述べたリスクの他に運営上の問題も多い。
・地方の人口流出地域では、厚生省のリバースモーゲージの
最低限度評価額を下回っており、そもそも使えない。
・単独で自立生活が出来ない認知症患者は利用できない。
・利用している人も介護等で家族が同居すると融資打ち切り。

問題点もあるが、実際に今後は老後破たんも危惧されており、
持ち家の自宅がある人はリバースモーゲージ制度の利用を
検討する機会が増えてくるのではないかと思います。



公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

平成29年度過去問題集
 

平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


 




posted by ぐっさん at 08:00| Comment(0) | 試験問題トピックス | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

民事信託の勉強がしたい人必見!信託のスキーム例も豊富でわかりやすい「民事信託のことがわかる本」


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


平成29年度版過去問を買うなら

民事信託は今後不動産コンサルをやっていく上で
やはり欠かせないものになりそうです。

お客様に聞かれる前に勉強しておきましょう!

図書館で見つけたこの本が非常によかったです。

民事信託の説明もわかりやすく、
計30例の信託スキームも掲載されており、
実践でも十分に使えそうな内容となっています。
不動産コンサルの幅を広げるのに
民事信託は必須になると思いますので
今からコツコツとやっておきたいところです。
今後の不動産コンサル力に大きな差が出ます。

【民事信託のことがわかる本】

民事信託のことがわかる本

新品価格
¥2,700から
(2017/2/8 12:03時点)




◎民事信託の基本を勉強しよう
その1 民事信託のしくみ
その2 民事信託の方法と特徴
その3 民事信託の委託者・受託者・受益者の権利と責任
その4 信託の監視機能
その5 信託報酬、信託の終了等


公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

平成29年度過去問題集
 

平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


 




posted by ぐっさん at 08:00| Comment(0) | 試験問題トピックス | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

平成29年公認 不動産コンサルティングマスター(不動産コンサルティング技能)試験【試験対策トピックス】民事信託その5 信託報酬、信託の終了等


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


平成29年度版過去問を買うなら

信託報酬、信託の終了等


ここはざーっと見るだけでいいです。

1.信託報酬
信託報酬の額については、
商事信託の場合は、信託会社や信託銀行との間で取り決めを行うが、
民事信託の場合は、委託者と受託者との話し合いで決めることが多く、
信託行為にその額または算定方法の定めがある時はそれに従い、
ない場合は相当の額ということで身内の資産を管理するということで
お小遣い程度が妥当かなと思います。

2.信託の終了と精算
信託は、効力が生じた後、信託期間を経て、その目的を達成、
又は達成できなくなった時に、その他一定の事由が生じた時に
終了する。
終了した信託は、信託の併合や破産手続き開始決定による場合を除き、
清算手続きが必要で清算手続きが終了するまで存続する。
その時の受託者が清算受託者となる。

清算受託者は何をしないといけないかというと、
・信託の業務の終了に向けての作業
・信託財産に属する債権の取立や弁済
・受益債権に係る弁済
・残余財産の給付
などを行います。

清算業務が終了すると、受益者及び帰属権利者(残余財産の帰属先)
に対し、その承認を求め、承認を受けた時にその職務は終了する。

ということで民事信託の概要については今回で終了です。

その後、私も民事信託には興味を持っており、
図書館で良さそうな本を見つけたのでご紹介します。
基礎的なことから色々な信託のスキームまで
例を挙げて説明してくれているので非常にわかりやすいです。

【民事信託のことがわかる本】

民事信託のことがわかる本

新品価格
¥2,700から
(2017/2/8 12:03時点)








公認 不動産コンサルティングマスター試験、合格への道 メニューページへ

平成29年度過去問題集
 

平成29年版不動産コンサル過去問題集

新品価格
¥4,644から
(2017/1/19 23:53時点)


 




posted by ぐっさん at 08:00| Comment(0) | 試験問題トピックス | 更新情報をチェックする